スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    漫画のパースって何?そのコツとは?

    0






      漫画はパースの描き方のコツをつかんで描くことで、作画性の強さを出すことができます。

      漫画で言うパースとは、遠近法を使用した透視図法のことで、正式にはパースペクティブと言いますが、漫画家の間では略してパースと呼ばれているでしょうね。

      漫画のパースの描き方のコツは、パースの種類である一点透視方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)と二点透視方法、三点透視方法の三つの種類の描き方を上手く使い分けるということなのですね。

      3つのパースを上手く使うことで、背景に書かれる風景や建物などをより立体的に描くことができるようになり、絵の表現に幅が出てきますよ。

      漫画でパースを描く時のコツは、まず、目線の高さを決める事です。

      目線の高さに水平線を定め、この目線の高さの水平線に消失点という点を決めて描いていきましょう。

      元となるこの目線の高さの水平線がうまく配置されていないと、構図が崩れてしまい、うまくパースを描くことができないので、パースを描く際には水平線の配置に注意が必要となるでしょう。

      水平線と消失点ができたら、消失点に集中線を書き、線に沿って描いていくと、上手くパースが描けます。

      パースのコツは、何度も実践して自分でつかむことが重要でしょう。

      パースが上手く描かれた漫画をお手本にしたり、写真などを利用し、パースの練習をしてみてはいかがでしょうか。

      パースのコツをつかみ、使いこなして、ワンランクアップした漫画を描けるようになると良いですね。











      <PR>
      子供のうつ病について | うつ病を改善したい方!うつ病の治し方を教えてます!
      中古パソコンを購入する時の注意点 | 中高年の為のパソコン講座!



      続きを読む >>
      * 漫画の知識 * 02:06 * - * - * - -

      漫画のネームって?やり方のコツは?

      0






        漫画で言うネームとは、簡単に言うと漫画の設計図みたいなだと言えるはずです。

        漫画を書く上で必ずといっていいほど必要になる工程です。

        ネームは、完成した時点で編集者が見て、掲載するかどうかを判断するため、漫画家にとっては重要なとなっているんですが、頭の中でまだ形に出来ていないストーリーを形にしなくてはいけないため、漫画家が苦労する事が多い工程でもあります。

        ネームのやり方は、まず、どんな紙でもいいですから漫画を描くことのできる紙と鉛筆、そして、消しゴムを用意します。

        必要な物が用意出来たら、人物の配置やコマ割、セリフなどを考え、大まかに絵を加えて描いていきます。

        細かく絵を描く必要はありませんが、編集者が読みやすいように、表情(どんなに取り繕おうとしても、多少なりとも内心が出てしまうことが多いものです)や構図などが分かる程たびに描いていきて下さい。

        ネームのやり方のコツは、とにかく、最初から最後まで、引っかかる部分は飛ばしてでも、全体を描いてしまうことです。

        起承転結をつけ、ストーリーの山場を考えながら、まずは全体像を一通り描いた上で、ストーリー展開を細かく考えていくと良いですね。

        また、ネームではコマ割にも注意して下さいね。

        左右バランスよくコマ割ができるように注意しながら、閉じた時に見やすいよう閉じる側を空けて描いていきましょう。

        また、ネームとは、漫画家にとっては設計図的な大雑把な下書きのことを指しますが、編集者にとっては吹き出しのセリフのことを指す場合もあります。

        漫画家志望の人は、今後、編集者と話をする時のためにも覚えておくといいでしょう。











        <PR>
        原因不明のまめいがする場合は? | めまい対処法・めまいを改善させる!
        TOEICとは? | 【TOEICテスト】 リスニングのコツ!



        続きを読む >>
        * 漫画の知識 * 04:51 * - * - * - -

        漫画を描くための道具には・・・

        0






          マンガを描くための道具といえば、やはり、筆記用具でしょう。

          一言で筆記用具と言っても、色々な筆記用具がありますよね。

          漫画を描く際に、まずは必要となる筆記用具は、下書きをするための鉛筆やシャープペンなどの消すことの可能な筆記用具です。

          これらは、描くものによって、芯の柔らかさや芯の太さを変えたりすることも多いでしょう。

          下書きが終わったら、次はインクを使ったペンが必要になります。

          力加減で線の太さや細さが調節できるGペンや一定の細さで線を描くことのできるスクール(何か学びたいと思った場合、自分に合ったところを選ぶことが大切です)ペン、髪の毛や動作線みたいな細い線を描くための丸ペンと呼ばれるペンなどを使用することが多いです。

          また、ペンの使用にはインクも必要になりますね。

          インクには水性と油性があるはずですが、水性のインクの方が使われる頻度が高いようです。

          水性は仕上がりの線が薄いのですが、サラッとした書き味が特徴でしょう。

          油性は線をはっきりと描くことができますが、インクがベトベトしてしまい、ペン先がすぐに使えなくなるという欠点があるそうです。

          漫画を描く為には、光沢感を出したり、原稿を修正する為に、ホワイトと呼ばれる白のインクも必要です。

          ほかにも、直線定規や円定規、雲形定規などもあると重宝しているでしょう。

          漫画を描くための道具として必要不可欠なものとしては、何といっても、原稿用紙だと言われているんです。

          これがなくては漫画を描くことができません。

          それに、カラーや質感、背景などに利用するドットやグラデーションなどのスクリーントーンも必要になるでしょう。

          漫画を描くためには、このように多?ある道具が必要だといわれています。











          <PR>
          女性から次回のデートを約束するには! | デートに誘う方法・初めてのデートは!(女性限定)
          韓国語を話すためには? | 【韓国語の覚え方】 韓国語をマスターしよう!



          続きを読む >>
          * 漫画の知識 * 13:25 * - * - * - -
          このページの先頭へ